応募や面接でのマナー

「お店に応募する」
「お店に応募する」

気になるお店を見つけたら連絡してみましょう。わからない事や気になる事を聞くだけでもOKです。電話しづらい人はメールを送ってみたり、LINEでの問い合わせも出来るお店もあるから大丈夫です。

時間を気にせずに送れるメールとは違って、電話やLINEでの問合せの場合はお店の「営業時間」や「問合せ時間」内に連絡するようにしましょう。開店・閉店の前後はバタバタしている可能性もあるので、そういう時間帯は避けたほうが良いです。

風俗でも電話での話し方は普通のアルバイトと変わらないので、丁寧な言葉できちんと受け答えをしましょう。「もしもし」だけで終わったり、「求人を見たんだけど」のように、身内や友達に電話やメッセージを送るような言葉遣いはやめましょう。

「電話がつながったら」
「電話がつながったら」

面接の約束や問合せ等の電話では本名や住所等の個人情報を聞かれることはありません。また、風俗店の面接ではほとんどの場合、履歴書は必要なくても身分証明書が必要なお店があるので、しっかり確認しておきましょう。電話で確認しきれなかった事は、面接の時にすべて確認できるようにメモなどを用意して、疑問や不安は解決できるようにしましょう。

「面接に行くまで」
「面接に行くまで」

お店や面接する場所を事前にしっかり確認して約束の時間に遅れずに行くようにしましょう。服装や身だしなみ、メイクなどきちんとした格好でいくのはもちろん、風俗店だからといってだらしない格好をしていいわけではありません。また、髪型や髪色についてもお店によっては派手な場合はNGということもあるので注意が必要です。

「面接当日」
「面接当日」

面接当日は約束の5分前を目指して到着するようにしましょう。遅刻は厳禁ですが、やむを得ない場合はすぐに電話で連絡を入れましょう。

また、到着が早すぎた場合は、担当者のスケジュール次第では迷惑になってしまうので、近隣で待機しましょう。

面接では質問や疑問点をしっかり確認をして、「わからないまま」にならないようにしましょう。また、お店によって給料システムは異なるので説明された内容はしっかりと聞いて、わからないことはどんどん質問しましょう。

普段から丁寧な言葉に慣れていない場合はできるだけ意識して自然に口から出るように心がけておくことが大切です。退出する時も忘れずに「今日はお忙しいとところありがとうございました」と挨拶するようにしましょう。そのまま採用が決まって体験入店する場合や帰る際には「これからよろしくお願いいたします」の一言も忘れずに。

「対人マナー」
  • ・最初のあいさつは一瞬でも、第一印象でその人のイメージが決まります。笑顔ではっきり明るい声であいさつしよう。
  • ・清潔感のある服装・身だしなみをこころがけよう。
  • ・約束した時間は必ず守る、遅刻や欠勤の場合は必ず早めに連絡を入れよう。
  • ・語尾を伸ばす話し方はしない。
  • ・正しい文法に沿った話し方を心がける。
  • ・常に笑顔で話せるように。
  • ・相手の言葉は遮らずに最後まで聞く。
  • ・適度に相槌を打ち、相手に安心感を与える。
  • ・質問で会話を盛り上げる。
  • ・会話中の視線は相手の方へ。
  • ・オウム返しで相手の気持ちを盛り上げる。