STD(性病)について

「性病・性感染症」は「STD」とも言い、性行為により感染する病気のことです。症状を感じにくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。“STD”は、“Sexually Transmitted Diseases”の頭文字をとったものです。

STD(性病・性感染症)の感染経路は「性行為」です。性行為以外の日常生活では感染しません。

感染している人との性行為によりSTDは感染します。病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこります。

※STDの病原菌は単独で生きることが出来ないので性行為以外では通常感染することはありません。

ここではSTDの種類、感染原因、症状を紹介します。

クラミジア

どんな病気?
最も一般的な感染症。特に若い人に多く、ほとんど人が症状を感じないためパートナーに移してしまうことがあります。
感染原因
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により感染します。最近ではオーラルセックスが一般的になっているので、性器だけでなく咽頭(のど)への感染も広がっています。
症状
感染してから発症するまでの期間(潜伏期間)は1〜3週間とされています。主な症状としては「おりものの増加」「生理以外の出血(不正出血)」「下腹部の痛み」「性交時の痛み」ですが、症状を感じないことが多いのが特徴です。おりものの量が少し増える程度で、においなどの変化はほとんどありません。感染を放置すると、クラミジアが体の奥に広がり重い病気につながることがあります。

カンジダ

どんな病気?
特に女性に多い病気で、パートナーから感染することもありますが、もともと人の体内にある菌とも言われ、他のSTD(性病)とは少し性質の違うものとなります。免疫力が弱くなっている時に発症しやすいと言われています。カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気です。
感染原因
性行為による感染もありますが、自己感染もあります。もともと人が体内(腟内、腸管など)に持っていることが多い菌で、何らかのきっかけ(体調を崩すなど)によって、さまざまな症状を引き起こします。
症状
女性はヨーグルト状のおりもの、性器のかゆみや痛みなど特徴があります。再発に悩む人も少なくありません。カンジダはもともと腟の中に存在することが多い菌で、症状は、腟と外陰部にあらわれることが多く、外陰腟カンジダ症といわれます。風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗菌薬(抗生物質)の濫用や妊娠などで症状が出ることがあります。再発を繰り返す場合もあります。

梅毒

どんな病気?
昔から知られるSTD(性病・性感染症)のひとつで、治療薬ペニシリンが発見されるまでは、不治の病として恐れられました。今は早期治療で完治します。
感染原因
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)によって、これらが皮膚や粘膜の小さな傷から侵入することによって感染します。アナルセックスでの感染が特に多いと言われています。口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。唾液に病原菌が含まれている場合もあります。
症状
梅毒の症状は、性器や全身の皮膚にできものができるのが特徴。しかも、症状は放っておくと自然に消えてしまうので、治ったと勘違いしてしまうこともあります。感染の機会から3週間、3ヵ月、3年をポイントに変化していきます。梅毒は、基本的に自然治癒することはありませんが、治療すれば完治できる病気でなので、明らかな自覚症状がある場合は医療機関で早期診断を行うことが大事です。

淋病

どんな病気?
オーラルセックスの増加により、のどへの感染が広まっています。淋菌がのどに感染した場合、症状を感じることはほとんどないため、感染を広げる温床になっているのでは、と言われています。
感染原因
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により感染します。精液や腟分泌液、感染した箇所の粘膜に存在する淋菌が、相手の粘膜に接触して感染します。
症状
淋菌が男性の尿道に感染した場合は、激しい痛みや多量の膿(うみ)が出るのが特徴ですが、咽頭(のど)や女性の腟への感染では症状が出ないことが多いと言われています。おりものが増える、といった症状を感じる場合もありますが、においなどの変化はほとんどありません。感染に気づきにくいため、潜伏期間ははっきり分かりません。そのままにしていると、淋菌が体の奥に広がり、重い病気につながることがあります。

トリコモナス

どんな病気?
「腟トリコモナス原虫」という微生物が原因です、肉眼で見分けることができない原虫(ゾウリムシのような微生物)が性器内に入り込み炎症をおこします。性行為による感染が主ですが、下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。よって、性行為の経験のない女性や幼児にも感染することがあります。
感染原因
性行為(セックス)により感染しますが、女性の場合は腟や子宮の入口(子宮頸管)、男性の場合は前立腺や精のうに寄生しているトリコモナス原虫が、精液や腟分泌液を介するなどして感染します。
症状
トリコモナスは、日本では減少の傾向にあり、女性のおりものの異常からトリコモナスが検出されることも少なくなっています。おりものの形状やにおいに特徴があり、わかりやすいとも言われています。

尖圭コンジローマ

どんな病気?
性器や肛門周辺にニワトリのトサカ(カリフラワー状)、もしくは乳頭のようなイボができます。
感染原因
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により、皮ふや粘膜の傷口から感染します。
症状
男性、女性、ともに同じような症状が出ます。女性の性器のあらゆる部位(大小陰唇、腟前庭、腟、子宮頸部 など)にうすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)か乳頭状(おわんを伏せた形)のイボができます。

B型肝炎

どんな病気?
B型肝炎は、「B型肝炎ウイルス(HBV)」の感染が原因で起こる肝炎のことです。アルコールの飲み過ぎなどが原因の肝炎とは違います。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて働きが悪くなります。
感染原因
性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により感染します。また、感染した人の精液や腟分泌液、血液などに含まれていて、感染力が強く、性行為でなくても、入れ墨、ピアスの穴あけ、カミソリや歯ブラシの共用などでも感染の可能性があります。
症状
だるさ(倦怠感)、食欲不振、吐き気、濃い色の尿が出る、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる)など。感染者の半数以上は症状が出ないまま、自然に治ります。症状が出る人のうちの1~2%の方は、劇症肝炎を発症するので注意が必要です。

HIV

どんな病気?
「HIV」とは「エイズウイルス」のことで、正式には「ヒト免疫不全ウイルス」といいます。ヒトに感染すると、免疫力を低下させてしまうウイルスです。
感染原因
HIVは、感染した人の血液、精液(さきばしり液含む)、腟分泌液、母乳といった体液に存在します。これらが相手の粘膜部分(主に口の中、ペニス、尿道、腟、直腸など)に接触することで、感染の可能性が出てきます。なお、汗、涙、だ液、尿、便などの体液の接触による感染の可能性はありません。主な感染経路は3つあり、「性行為による感染」「血液による感染」「母子感染」で、日本国内では性行為による感染が最も多くなっています。
症状
「感染初期」「無症候期」「エイズ発症期」と分かれます。「感染初期」(感染から2~4週)では発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛といったインフルエンザのような症状が出る場合があります。「無症候期」(数年~10年ほど)は症状が無い期間が続きますが、この期間も免疫力は少しずつ低下していきます。「エイズ発症期」ではしつこい下痢、ひどい寝汗、理由のない急激な体重減少などの症状があらわれます。日和見(ひよりみ)感染症や悪性腫瘍、神経障害など、様々な病気を引き起こします。このような流れは、HIV感染に気づかず、治療を行わなかった場合の流れです。療法は進歩しており、エイズ発症を抑えることができるようになっているので、HIV感染していても、検査を受けて早期発見することができれば、その分適切な治療につなげることができます。